【ロングボード】ノーズライディングのポイント・コツ

ノーズライディング
コツを掴めば、女性や子供でも簡単にできるのがノーズライディング。

今回はノーズライディングの重要なポイント

ノーズライディングは波のブレイクを先読みすることがとても大切です。

上手な人やロングボードの映像を何度も見ていると、歩きだしのタイミングや

ノーズの先端まで行く時のタイミングがわかるようになってきます。

タイミングがわかる人は見ている時と自分が波に乗っている時の感覚を近づけていくことが大切です。

ポイント❶ 波のボトムからトップまでの位置と走る角度

波は岸に向かってブレイクしているので、横に走っているつもりでも斜めに向かっています。

☆波に置いて行かれてしまう/フィンが岸にスライドしてしまう場合

➡︎角度を横に向けすぎている or 波のポケットから遠くを走りすぎている

ノーズライディングで失敗してしまう人にありがちなのが掘れたセクション(波のポケット)

を走りすぎてしまい、波の緩やかな場所から歩きだして波に置いて行かれてしまうパターン

が多く見られます。ノーズライディングではテールとフィンを波のスープに巻き込みながら

することにより安定感が得られますが、波のポケットを走ると同時にスピードもつくので

歩き出すのが難しくなってしまいます。


ウォーキングは足音を立てないようそっと歩くのがポイント。

歩いた時の揺れが伝わってグラグラと左右に揺れてしまう原因です。

ハイパフォーマンスボードに乗っている方は  立ってすぐにノーズへ向かって歩く

イメージもある方もいると思いますがまずは慌てずに。

またはいつから歩き出せば良いんだろう…と思って波が終わってしまうのは

勿体ないのでチャレンジあるのみです!

ポイント❷波がブレイクする前にボードの向きをセットする

シングルフィンや重ためのクラシックボード乗っている場合は

軽く膝を曲げて後ろ足の指の付け根あたりを少し押し込むイメージでゆっくりターンします。

私はほとんど力を入れず、つま先やかかとへの重心移動のみでボードの向きをセットしています。

テイクオフしてすぐにボードの向きをセットする小さなターン(ボードを左右どちらかに傾ける)

がその後のウォーキング〜ノーズライディングにとても深く関わってきます。

ポイント❸波側のレールを入れることが重要


後ろ足のつま先を押し込むことで波側のレールが入り、更にボードの進行方向が

上に上がっていきます。クラシックボードは自分がターンを始めてから1、2秒

遅れてボード全体が動いてくるので

ボードがやや上に向かって走り出した時に歩き出すイメージでウォーキングをスタートさせています。

多くの人がテイクオフしてすぐにボードの向きをセットし、波がブレイクする前に

ウォーキングを始めています。一見難しそうに見えますが、実は1番安定していてやりやすいタイミングです。

ポイント❹波に合わせてライディングする

波の形は変えられないので、ノーズライディングをするにもターンするにも

波に合わせてライディングするのが基本です。

最初のターンが大きすぎると速いブレイクでは波に置いていかれてしまいます。

ブレイクを先読みすることでターンを大きく(フェードターン)したり、小さくしたり

1本1本波に合わせて調節します。

掘れすぎたセクションにいる場合は無理矢理にウォーキングをせず、ボードの中央に乗って

トリムしたり、走りすぎたらカットバックしたりするのもロングボードの魅力です。

さいごに

不安定なようで、波のフェイスでラインを上にあげている一瞬が実は一番安定感があります。

ノーズライディングを練習中の方でもこのラインを走っているところをよく見ますが

歩き出しが遅れてしまうことでノーズライディングを更に難しくさせてしまっていると感じます。

ロングボードでクロスステップ(ウォーキング)するための5つのポイント

と合わせて読んで見てくださいね。

Hiroka Yoshikawa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。